ローマンーSSまとめー

マンガ・アニメ・ゲームのSSを中心にまとめています


1 : ◆yufVJNsZ3s[saga] 2018/04/26(木) 19:59:58.44 ID:zmYsrQkn0

 うだるような暑さが続いていた。天気予報によれば、先週から途切れることなく今日で十日目。四国の方ではとうとう渇水による節水令が出たというし、随分とまぁ自然現象も頑張るものだ。
 ここ一週間ほど深海棲艦の出没情報は出ていなかった。あちらさんもこの酷暑には随分と堪えているのかもしれない。勿論単なる偶然の可能性は大いにあったが、これ幸いとばかりに艦娘たちは避暑地――海中へ飛び込んでいる。

 艤装が灼熱していて背負えない、持てない、使えない。果ては膨張による誤作動の可能性がある。そう力説してくれたのは遊びたい盛りの駆逐艦たち。ご丁寧に連名で署名まで頂いた。

 そんなわけがあるか。

 入れ知恵をしたのは川内か、北上か。大穴で龍驤か最上あたりも候補に挙がる。まぁどうでもいいことだった。艦娘が動けば提督である俺の仕事も増える。汗だくで書類と向き合うほど、俺は仕事が好きではない。
 嘘にはいい嘘と悪い嘘がある。俺は時折ひどく鈍感なきらいがあるらしいので、駆逐艦の嘘でさえ気づかないのだ。これはまいった。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524740398
【曙「百年早い」】の続きを読む
1 : ◆jqe92i5WTk[sage saga] 2018/04/26(木) 17:49:53.85 ID:po8p3xUX0
前スレ 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520497358/


安藤「うーむ、大洗に偵察に来たのだが、まさかマリー隊長が迷子になるとは…」

押田「君がちゃんと見とかないからだぞ!」

安藤「人のせいにするな!大体お前らエスカレーター組が付いて来るのを止めるべきだろうが!」

押田「仕方ないだろう!『私も行くのぉ』なんて甘えられたら逆らえないだろうがぁ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524732593
【 【ガルパン最終章】安藤&押田「マリー様を返してもらおう!」お銀「なら勝負だ!」】の続きを読む
1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ[saga] 2018/04/10(火) 18:32:46.96 ID:DcJzLW9K0
ちひろ「なんですか開口一番ノロケですか?」

モバP(以降P表記。ひどいなー)「まぁまぁ聞いてくださいな」

ちひろ「はぁ、聞いてあげますけど」

P「この前昼飯食べ損ねたまま外回りに行ってきたじゃないですか」

ちひろ「ありましたねぇ」

P「そしたら帰ってきたら俺のデスクの上に誰かがおにぎりを置いといてくれてまして」

ちひろ「あら良いお話」

P「名前は書いてありませんでしたけど『エサくらい食べなさい、豚』と小さなメモ用紙にメッセージまで添えられて」

P「いやぁ天使のような娘もいるものですね。感激しましたよ」

ちひろ「ソウデスネ」

P「それからですかね、ちょくちょく帰ってくるとデスクの上に差し入れが置かれてるようになりまして」

ちひろ「モテモテアピールですか。ノロケじゃないですか」

P「まぁまぁ聞きやがれくださいな」

P「手作りクッキーだったりドーナツだったりアッキーだったり、大抵は心温まるハートフルな差し入れなんですけど」

ちひろ「アッキー」

P「ただ、何というか時々ハイセンスな差し入れが置かれてる時がありまして」

ちひろ「悔しいけどちょっぴり興味がわいたので聞きます、例えば?」

P「例えばこの肩たたたたたたたたたたたたき券とか」スッ

ちひろ「北斗神拳の掛け声みたいになっちゃってるじゃないですか」

P「居酒屋のクーポン券とか」

ちひろ「それ単にプロデューサーさんと飲みに行きたいってだけでは」

P「櫻井財閥幹部の椅子とか」

ちひろ「ちょ」

P「ありがたいし善意でやってくれてるから嬉しいんですけど、みんなメモに名前書いてくれないからお礼が言えないのがモヤモヤしまして」

ちひろ「櫻井財閥幹部の椅子ってあの娘以外に用意出来るんですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523352766
【モバP「アイドルからの差し入れがハイセンスなんです」】の続きを読む
1 : ◆vsZ0dcIsLo[saga] 2018/04/20(金) 21:29:44.13 ID:VRJztV3E0
P「志保、この前の取材だけど」

志保「なに下の名前で呼んでるんですか。やめてください」

P「えっ」

志保「いずれはあなたの姓になるんですから今だけは苗字で呼んでください」

P「ごめん、北沢さん」

志保「なに苗字で呼んでるんですか」

P「えっ」

志保「名前で呼んでください。寂しいじゃないですか」

P「し、志保……?」

志保「なんで言わないとわからないんですか?一生隣で囁いてあげますけど」

P「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524227383
【北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」】の続きを読む
1 : ◆DAC.3Z2hLk[saga] 2018/04/25(水) 22:05:02.24 ID:kC+sKp3N0

 モバマスより鷹富士茄子と高垣楓のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。


 前作です↓
塩見周子「お狐さんって怖いものとかあんの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524576677/

 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508431385/


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524661501
【 鷹富士茄子「楓さんを超えますよ~」】の続きを読む
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2018/04/24(火) 23:02:49.31 ID:bOgng+vj0
・武内Pと卯月のお話です。
・時間軸的にはアニメ本編後のお話。
・地の文が多いです。
・R18ではないですけどR18要素はでてきます、ラブホテルだしね!
・それでもよろしければどうぞよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524578569
【 武内P「島村さんとラブホテルに入ることになってしまいました……」】の続きを読む
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2018/04/24(火) 20:37:12.44 ID:25rQ95o00


 最初の出会いは誰にとっても普通で、私にとっては驚きから始まった。


「あの、鷹富士さん、ですよね」


 自販機で飲み物を買ってる時だった。スポーツドリンクを買うためだったのだけど、コーヒーも飲みたかった。だから、二つ並びの自販機でこっちを選んだ。

 当たりつきだったから。

 振り返った時、最初は年上かと思った。

 身長は私より低いし、体つきも着ている可愛いゴシック調の服も子供らしかったのに。

 その瞳に余りに愁いが深く染み込んでいたから。

 もちろん、私だってその考えをすぐに改めた。


「白菊……ほたるちゃん、ですよねー」


 私の言葉に、ちょっとだけ瞳が膨らんだ。嬉しそうに、そして微かな尊敬を含めて。

(じゃあ、やっぱり)

 記憶違いでは無さそうだ。

 白菊ほたる。十三歳にして私より芸歴が長くて、運の悪さで有名な子。

 その意味で、運の良い私と真逆だ。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524569832
【 鷹富士茄子「ほたるちゃんと一方通行共依存」】の続きを読む
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2018/04/24(火) 00:02:49.50 ID:Hy72Sjoko
卯月「わたし、アイドルをしていて思うんです」

卯月「一番ひかっているもの……一番きれいな色ってなんなんだろう?…って」

武内P「島村さん……」

卯月「……」

武内P「……っ」

武内P「村さん」

卯月「?」

武内P「一番きれいな色は何か?……あなたは今、そう言いましたね」

卯月「は、はい」

武内P「島村さん」

卯月「?」

武内P「色には、様々な種類があります」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524495769
【卯月「一番ひかっているものって、なんなんでしょうか」武内P「…そう、ですね……」】の続きを読む
1 : ◆E055cIpaPs[] 2018/04/21(土) 22:35:39.04 ID:0nbIURfu0
モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524317738
【橘ありす「インタスグラム、ですか?」】の続きを読む
1 : ◆saI1ZNzQKuJn[saga] 2018/04/23(月) 23:49:05.91 ID:BzpF31VT0
黒森峰女学園の新隊長、逸見エリカは元隊長である西住まほの実家に来ていた。
目的は戦術の引き継ぎ、それはすなわち西住流の理解を深めるということだ。
幼いころから西住流を志しているエリカは、既に社会人にも引けを取らないくらいの実力を持っていたが、それでも西住流の体現であるまほには遠く及ばなかった。
だからこそまほからの指導がエリカには必要だった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524494945
【【ガルパン】エリカ「夕焼けに笑う」】の続きを読む

このページのトップヘ